屋久島安房まるごと満喫プラン(サイクリング+リバーカヤック)自転車で安房の歴史や暮らしの息吹に触れ、カヤックで自然の懐へ漕ぎ入る。お昼は定番の野外ランチも楽しめる充実の一日プラン。屋久島安房まるごと満喫プラン(サイクリング+リバーカヤック)

このツアーは自転車とカヤックを使って、安房の陸上も水上も両方楽しんでしまおうという趣旨の水陸両用一日ツアーです。 (サイクリング+リバーカヤック・野外ランチ付)

[point1] 前半は自転車で安房の周辺をお散歩します

ツアー前半戦、午前の部はまず自転車に乗って安房の地上の世界に触れます。名所旧跡や山岳トロッコの線路軌道を冷やかしたり、オーシャンビューの海岸通りなどの眺めの良いルート、商店街などを2時間ほどのんびりと走ります。
足元の草花や屋久島の昔ばなし、お店の口コミ情報など、長年屋久島に住んでいるガイドさんと一緒に走ると何気ない風景がひと味違って見えてきます。

[point2] お昼はもちろん! KAZEツアー定番の野外ランチが出るのだ!

サイクリング出発地の ”安房健康の森公園” へ戻ってきたら、車からダッチオーブンやコンロなど野外調理道具をおろしてアウトドアクッキング開始♪
料理が得意なガイドさんがお外でゴハンを作って提供してくれます。景色の良い綺麗な広い公園で四阿(あずまや)とテーブルがあり、雨や陽射しの強い日でもゆったりと寛げます。

[point3] 腹ごしらえを済ませたら、午後からは安房川でリバーカヤックを楽しみます!

午前中のサイクリングで少し汗もかいたことだし、午後からは涼を求めてカヤックで安房川へ漕ぎ出します。
リバーカヤックに乗って漕ぎ進めば、次第に人家の気配は消え、照葉樹林の豊かな緑の世界が拡がってきます。
V字渓谷をそのまま上流へ進み、上陸して川で泳ぐのも気持ちがいいですし、ガイドさんが豆を挽いて淹れたてくれるドリップの珈琲を飲みながら、のんびり過ごすのもいいでしょう。
カヌー出発地まで漕いで戻って来たらそこで片付けして終了解散です。
一日で自転車&カヌーの両方を体験出来ましたね。 お疲れさまでした!

tour information

[開催時期]通年開催
[ツアー開催場所]安房集落周辺(サイクリング) 安房川(カヤック)
[所要時間]約7時間 (開始9時~終了16時)※開始&終了時間は目安です。お客様のご希望の時間に調整して開催することも可能です。応相談。
[料金]お1人様 13,500円 -消費税込-
※すべての装備のレンタル・保険料を含む
[対象]身長145cm以上あり、自転車に普通に乗れる方 ※体重80キロ or 身長185cm以上の方はご案内できません
[送迎]宮之浦~尾の間まで(現地集合は¥1000割引します)
[お支払い]ツアー当日の現金払いとなります(カード対応可※前日までに申告してください)
[キャンセル料]当日100% 前日50% 2~7日前30%
[保険]ツアー参加者全員加入となります。(コース料金に含まれます)
保険名:JSCA保険/死亡後遺症害(1名様あたり):500万円/入院日額:5,000円/通院日額:3,000円/救援者費用100万円
[その他]※ コンディションが悪く、ツアーを開催出来ない場合にはお客様とご相談の上で他の代替ツアーに変更となる場合がございます。予めご了承ください。

服装と持ち物について ~ツアー参加にあたって~

カヤックでは濡れることを想定したウエアの選択が大切です。
まずインナーは水着。その上に速乾性の高い化繊の長袖を着ます。そして上下セパレートの雨具を携行します。
それとUV対策グッズ。ツバ広の帽子日焼け止め&サングラスなど。手袋もあると便利です。あとは終了後の着替えとタオルです。肌寒い季節には無料でウェットスーツもご用意しています。

[リバーカヤックの推奨ウエア例]

  1. つば広の帽子
    (首まで隠れるハットタイプが〇)
  2. サングラス
    (偏光レンズがおススメ!)
  3. 化繊素材の長袖シャツ
    (南の島の陽射しは強い。なるべく長袖!)
  4. 短パン&タイツ
    (山タイツは海でもお奨めのスタイル)
  5. インナーには水着着用
  6. マリンシューズ(ビーチサンダル・クロックスは×)
    ← 無料レンタルも有り
肌寒い季節(春秋)や雨が降ったら、ジャケットを羽織るのだ。山用のレインウエアでOK。持ってきてね!
漕ぐ時はこうなるのだ。PFD(救命胴衣)、スプレースカート(水飛沫除け)着用
シュノーケリングはこんな感じ。手の保護に手袋必須(軍手でもOK)、三点セット・ウェットスーツ無料レンタル有り
沢登りの時はこう。ヘルメット着用(レンタル)、沢タビ(全員必須・レンタル)、グローブ(軍手でもOK)、ウェットスーツ(10~5月は着用・レンタル)

[リバーカヤックの持ち物(必携アイテム)]

  1. インナーに着る水着と漕ぐためのウエア(上の写真を参考に)
  2. 飲み物(水、スポーツドリンク等を各自1リットル程度)
  3. レインウエア(登山用雨具でOK。出来れば上下セットで)
  4. 帽子
  5. 日焼け止めクリームやサングラス等、UV対策グッズ
  6. 終了後の乾いた着替えとタオル
  7. 手袋(軍手でOK)
                            ≫ツアーの申し込み・問い合わせはこちらから