屋久島の安房でぶらりサイクリングツアーを楽しもう!屋久島の安房でぶらりサイクリングツアーを楽しもう!

屋久島登山の玄関口・トビウオ漁の盛んな屋久島第二の港町、安房周辺を自転車でのんびりと散歩しませんか!?
このツアーでは軽快な20インチ小径車(ミニベロ)を使用して、安房周辺の歴史的名所や景色の良いポイント、商店街などをガイドと一緒に巡ります。
安房は坂が多い町なので道を知らないと登りがキツく感じてしまうのですが、このツアーでは疲れないように効率良く回れるようにコース設定しておりますので、誰でも気軽に巡ることが出来ます。
レンタサイクルではよく判らない裏道や歴史的名所の豆知識、美味しいお店の情報など長年、屋久島に住んでいる案内人ならではの情報を得ることも出来ますね。

軽快でおしゃれな20インチ小径車(ミニベロ)を使用して楽しむのんびりサンクリング

ツアーで使用する自転車。軽量で小回りが利き、ストップ&ゴーが多いお散歩系サイクリングに最適だ。おまけにお洒落で可愛い? 簡単に折り畳めるのでクルマやバスにも積めてしまう。
6段変速ギア付なので坂道もスイスイ♪ 適合身長は150cm~180cm程度、体重制限は80kg程度までになります。

準備体操してレクチャーを受けたら ”健康の森公園” からチャリ散歩スタート♪

なだらかな下り坂を走り出してすぐ海が見えるぞ。

最初の目的地 ”盛久神社” へ到着。その昔落ち延びてきた平家の武将「平盛久」を祀った神社だ。

彼には神懸かかった逸話と屋久島漂着時の悲しい結末の歴史がある。

盛久神社の境内には ”夫婦アコウ” と呼ばれるアコウの巨樹が立っている。縁結び効果がある?かもしれないよ~。

神社脇の道を抜け、安房中学校を横目に下ってゆくと春田海岸が眼下に。晴れていれば海の向こうに種子島も見えるよ。  

昔、NHKの連ドラ「まんてん」撮影に使われた ”まんてん橋” を渡る。安房川にかかるこの橋はひと昔前は吊り橋だったんだよ~。

安房川沿いの道はチャリンコで走ると気持ちイイ! ん? ”おしかめじょ” ? なんだそれ?気になるものは気軽に止まってチェックしてみよう。

安房の商店街を抜け、また海岸通りへ。このあたりは昔は美しい松林の砂浜が続いていたんだそうな。さぞ美しいビーチだったんだろなぁ、ウミガメも沢山産卵に来るようなさ。

漁獲高日本一を誇るトビウオ漁の中継基地、安房漁港だ。運が良ければ魚の水揚げシーンに遭遇するかも!

江戸時代の賢人 ”泊如竹” 翁と記念撮影。江戸時代の貧しかった島の窮状を救った人物と称され、様々な逸話が残されている。

安房の町並を後に、眺望最高の松峯大橋まで坂を登ってきた。ここから見る安房の景色、眼下の安房川の深い谷、見上げる山並み。どれも最高だ!

カヤックとの一日ミックスツアーなら、ランチ休憩後、眼下のこの美しい安房川をカヤックで漕ぐのだ。

そろそろこのサイクリングもゴールが近づいてきた。トロッコ軌道脇を抜け出発地の健康の森公園へ。トロッコ通らないかな~!

このツアーの発着地 ”健康の森公園” にはトロッコの発着基地がある。現在は屋久島電工(株)が管理し、発電所の保守管理に使用されています。 ※見学には許可が要ります。

<担当ガイドのご紹介>

サイクルツアー案内人もご存知、KAZE代表マサが担当します。
最近じゃ、すっかりシーカヤックや素潜り、SUPなど海の遊びばかりしておりますが、 もともとカヤックにハマる以前は、チャリンコに旅の荷物を積みキャンプしながら旅する(いわゆるチャリダーてやつね)スタイルが好きでした。


ニュージーランドにて

過去にはニュージーランドをひと月くらいチャリで周ったり(2000kmくらいです) さらにもっと大昔には北海道やら沖縄やら屋久島やらあちこち周ったり(これは都合半年くらい家に帰らなかったかも…)したこともあります。
あれから10数年の時は流れ、今やすっかりオジサン化し、すぐに疲れるヘタレ系サイクリストになってしまいましたが、屋久島で自転車に乗って走るのはそれはそれは気持ちがいいもので、 年代物の愛車ビアンキを快速仕様に自分でカスタム改造し、買い物やトレーニングなどへ走り回っています。
ガイドは若かりし頃には東京のアウトドアショップで自転車&カヤックの売り場担当として勤務し、お客様の自転車を修理整備していた経験があります。
現在も自転車整備の技能がありますので、ツアーで使用する自転車の整備、万一の故障などの際にもご安心ください。

tour information

[開催時期]通年開催
[ツアー開催場所]安房集落周辺
[所要時間]約2時間 (午前の場合・開始9時~終了11時/午後の場合・開始13時~終了15時)
※開始&終了時間は目安です。お客様のご希望の時間に調整して開催することも可能です。応相談。
[料金]お1人様 6,000円 -消費税込-
※すべての装備のレンタル・保険料を含む
[対象]身長145cm以上あり、自転車に普通に乗れる方 ※体重80キロ or 身長185cm以上の方はご案内できません
[持ち物]500ml程度の飲み物(道中の自販機でも買えます)、サングラス、手袋、携帯orデジカメなど、レインウエアのジャケット(春・秋~冬)など。
それらが入るデイパックかウエストバッグがあると便利。
[服装]自転車に乗れる服装(基本的に山登り・カヤックなどと同じで全然okです)
[送迎]基本的に安房地区へ現地集合です。
[お支払い]ツアー当日の現金払いとなります(カード対応可※前日までに申告してください)
[キャンセル料]当日100% 前日50% 2~7日前30%
[保険]ツアー参加者全員加入となります。(コース料金に含まれます)
保険名:JSCA保険/死亡後遺症害(1名様あたり):500万円/入院日額:5,000円/通院日額:3,000円/救援者費用100万円
[その他]※ コンディションが悪く、ツアーを開催出来ない場合にはお客様とご相談の上でカヤックなど他の代替ツアーに変更となる場合がございます。予めご了承ください。
                  ≫ツアーの申し込み・問い合わせはこちらから